MENU

ヒゲ脱毛をするなら相場はいくらくらい?

 

男性のヒゲ
クリニックとサロン別でヒゲ脱毛がいくらか、大まかに解説し、その後、おすすめランキングをご紹介します。

 

【メンズクリニック】

 

■ゴリラクリニック:

 

ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)68,800円
※無制限(4.年間)

 

■湘南美容外科

 

ヒゲ3部位(鼻下・アゴ・アゴ下)64,630円

 

■メンズリゼ:
ヒゲ3部位セット(ヒゲ脱毛最短完了コース):59,800円
※5回

 

 

【メンズエステ】
■リンクス:
アゴ下・首脱毛コース:10回38000円

 

 

リンクス

 

バナー

 

  • 手法:光脱毛
  • 料金:顔ヒゲ脱毛6箇所5回38000円
  • 入会金・年会費:0円
  • 痛み:少ない
  • 勧誘:なし

 

リンクスは全国に店舗展開しているメンズ・脱毛エステサロンです。

 

そのため、引っ越し先でも店舗がある可能性があるため、長期間、安心して通えます。

 

>>公式

 

 

メンズリゼクリニック

 

バナー

 

  • 手法:医療レーザー脱毛
  • 料金:顔ヒゲ脱毛59,800円
  • 入会金・年会費:0円
  • 痛み:痛い
  • 勧誘:なし

メンズ・リゼクリニックはデビューしたばかりのヒゲ脱毛クリニックです。

 

クリニックのため、メンズエステと比べると痛い(涙)ですが、心配な方は麻酔も可能です。
※別途有料

 

 

>>公式

 

ゴリラクリニック

 

バナー

 

【これが売り!】剛毛な男性にはピッタリ!

 

  • 手法:医療レーザー脱毛
  • 料金:ヒゲ3部位4年間無制限!68,800円
  • 入会金・年会費:0円
  • 痛み:痛い!
  • 勧誘:なし

 

有名人を多く起用しているゴリラクリニック

 

最大の特徴は4年間無制限のヒゲ脱毛コースです。

 

他のメンズエステ・クリニックにはない、最大のウリと言えます。

 

 

>>公式

ヒゲ脱毛Q&A

 

永久脱毛を医療レーザーで!@メリット・デメリットは?

 

男性の髭の永久脱毛を医療レーザーで行う時、それぞれメリットやデメリットがあるでしょう。

 

大きなメリットとしては、医療レーザーは、脱毛効果が高いことが上げられます。通常、エステ脱毛で髭脱毛を行おうとすると、完了するのに期間がかかってしまうことで、男性の中には、それで髭脱毛自体諦めてしまうケースがあります。

 

でも、医療レーザーであれば、エステ脱毛と比べると、かなり早い期間で、効果を実感することが出来るでしょう。
ただし、デメリットもあることを知っておくことが大切です。

 

医療レーザーは効果が高い分、痛みもそれだけ強いでしょう。

 

医療レーザーはクリニックでの施術で、麻酔を使用することも出来ます。その点は、事前にカウンセリング時に、相談してみると良いのではないでしょうか。
また、麻酔を使用することもそうですが、医療レーザーは、費用がかさみ、高いことが上げられます。

 

採用されている脱毛機器も、最新のものを取り入れていますし、脱毛エステでは使用できない、医療専用のものですので、ただ効果が高いわけではないことがわかるのではないでしょうか。

 

ただ、クリニックによっては、初回のみのキャンペーンで、料金がお得になっているところがありますので、そのようなところで受けるのも、考えてみるのもいいのでないでしょうか。

 

 

ヒゲ脱毛(医療レーザー脱毛)ってどれくらいの痛みがあるの?

 

近年では、ヒゲをさっぱりと脱毛で処理する男性が増えてきています。中でも医療レーザー脱毛はスピーディで効果も高いことで人気を集めていますが、実際に施術を受けるにあたっては、どれくらい痛みがあるのかを気にする方も少なくありません。
結論からいえば、いかなる方法で行っても男性のヒゲ脱毛には痛みを伴います。

 

現在では医療レーザー脱毛の機器も進化しているので、以前よりも肌への負担は軽減されていますが、それでも全く痛くないということはありません。

 

一般的にはゴムで強く弾かれたような痛みを感じる方が多いですが、人によってはもっと強い痛みを感じるケースもあります。

 

しかし、痛みに弱いという理由でヒゲ脱毛を諦める必要はありません。

 

マシンの調整によって肌への負担を軽減させることができますし、何よりも医療レーザー脱毛は文字通り医療機関で行われるものなので、痛くて耐えられないという場合には麻酔を使うことも可能です。

 

脱毛に関しては、一般的に医療レーザー脱毛よりもエステ脱毛の方が痛くないといわれています。

 

確かに痛みは効果と比例する部分があるので、その分エステの方が痛くないことが多いですが、
エステでは我慢ができなくても麻酔を使うことはできません。痛みに弱い方こそ、医療レーザー脱毛を選ぶのがおすすめです

 

 

脱毛の基礎知識

 

ヒゲ脱毛を応援する女性

 

 

髭脱毛用クリームの効力のある利用のしかた

 

毛の髭脱毛用クリーム製剤といわれても白いクリームのような髭脱毛用クリームばっかりではないのです。液体類やジェル性質ほか、色々な形状の品物が出回っています。使う箇所や肌の状態でに左右され製品の形状や性質の使い分けができます。薬の売り場やネット通販ショップほか多数でムダ毛を取り除くクリームを購入する場合には、性質や使用する上での説明書きなどを読むといいですね。買い求めた後で駄目だったといった出来事の起きないように、その人その人の皮膚上の素質にマッチした品物を選択する様にすると良いのではないでしょうか。ムダ毛の処理用クリームの成分というのは化学的な薬品です。髭脱毛する薬で根本からいらない毛を溶解して取り捨てます。一方で、ムダ毛取りといわれる髭脱毛クリームは、皮膚のうわべに生えるような嫌な身体の毛限り除くので、新生した毛が即刻生えてきてしまうようなおそれが出回っている。パインミックスの豆乳含有クリーム薬というものは、肌質をよくする効験が認識された髭脱毛のためのクリームとあってメジャーです。豆乳の含有物やパイナップル由来のエキスが皮膚の表面に浸透し、なめらか肌の性質にできるとよく口にされる品物です。皮膚上に感じる痛みや臭いもごく少量で安定的に利用が可能そうですね。どういった品物を使用する場面でも、組成チェックや保全の把握というものがする必要があります。ムダ毛取りクリームを使おうとするその時その時にも使いどころを分かった使用の手順が要なのです。素晴らしいものを選択することが上手くできれば、心配事に打ち勝つ日々を過すことが可能なのです。

 

 

エステで出来る無駄毛処理についての基本的情報

 

髭脱毛処理諸々の形態があるのですが、。髭脱毛を行うサロンでむだ毛処理など受ける場合は、フラッシュ、各種レーザー、ニードルといった髭脱毛処置のやりかたは諸々有りますし、サロン毎の得意とする部門の差違や取り扱いの差違などが認められます。エステによっては、トライアルメニューや初回のみ無料で髭脱毛処理をしてくれるなどの顧客サービスをしてもらえる店舗さんも沢山あるのです。自分自身で直で確かめる事により解ることも多々ありますから、それらのサービスを活用することも確実なやりかたです。レーザー髭脱毛や光といった髭脱毛処理は、永久無駄毛処理のことを希望の女性から喜ばれています。そして、からだ全部髭脱毛処理に挑戦してみたいとか、ここにしようと思っている箇所限定で頼みたいといった時の好みも、エステティックをしてくれるなら実行してくれるらしいです。髭脱毛を行うエステで人気のメニューとして光美容髭脱毛というものも挙げることができるでしょう。以前までは針を用いた痛い髭脱毛がメインの時もありますが、痛いのに処理時間も長いことが困った点だったのです。今、流行っているフラッシュならば、痛みが多くなく一度に広い範囲をやれるという優れた点があるでしょう。人気の有る処置や最も新しい方法といった、WEBでは様々なデータがあります。専用の単語等といったものはほんのわずか解り辛いのでしょう。とはいえ、納得のいく処置が出来るように独学するもまた大切な事でしょう。

 

失敗した体験談と重要なポイントとは

 

お金をかけてエステに通ったにも関わらずいまいち髭脱毛に失敗したように思う、というレビューをしばしば耳にします。と言っても、実際のところ仕組みに関する説明の足りなさによる誤解や考え違いだったという事例がある模様です。一方で、髭脱毛した部位の痛みが起こってしまった実例も少なくないようです。フラッシュを使う髭脱毛は他の手法に比べ皮膚への刺激が比較的少ない種類の手段とされてるものです。それでも、照射した箇所のメラニン色素の黒に対して反応するにより、毛以外でもシミやホクロの黒い所に関してはくれぐれも適切な配慮しなければなりません。それから、処理の後は多少発赤となっている可能性がある。なので処理したところの日に焼けることは気をつけたい事。髭脱毛サロンの無料相談へ行ってみたらあとに執拗な勧誘が困っている、という話をよく聞こえてきます。具体的には、希望していないメニューまで勧誘されるとか、必要以上に契約を急ぐ、というようなスタッフにあったら困りもの。不審なお店に遭遇したら避けましょう。光によるやレーザー照射髭脱毛法を受けた時、ごく稀に施術跡がヤケドの症状が出る場合もあるのだそうです。症状の原因としては用いた光線に関する強さが強すぎた、冷却ジェルが適切でなかった、日焼け等、があります。施術部分が症状があった場合、サロンに早く相談をして、できるだけ早く医療機関の治療を受けるといった素早い対処が肝心になります。初体験の店舗による髭脱毛体験なら、よけいに失敗なんてことは嫌な事柄だと思います。そこで、後々残念に感じないためにも、ぜひスマートで広い見解でもって綿密にサロンを決定することが肝心です。焦って何となくとか気持ちで軽はずみに選ぶのは後悔につながります。

 

 

機器で出来るようになる気軽な脱毛の方法

 

自分の家の中でウチ専用脱毛器器械を利用する時の短所や良い部分について挙げると、肯定的側面は、代価のチープさ・体毛を取り除くことの簡易にできることが挙げられるでしょうか。反対に格安であっても消耗品などで料金があるというデメリットもあるようです。実際自分の家向けの体毛を取り除く器具をゲットした人々が作っているブログ他多数の中では、率直な気分をまじめに書いてある場合が多々あるようです。もちろんですが使用した感じや余計な毛を引っこ抜くことによる様々な効力というものはそれぞれ人により違ってきますので、信頼するというのはおっかないと考えます。脱毛エステや病院を利用して不要な毛を脱毛するならば数少ない回数で任せて施術できるのが長所ですけれども、体毛を取り除く道具を用いた場合はそういうようにはいきません。使用頻度も増えますし、面倒がかかってしまうといった悪い点になってしまう出てきますです。レーザータイプや光方法の脱毛ツールを使用したなら脱毛のサロンを使った場合と同じような脱毛によって得られる効力が期待できます。他には、ノーノーヘア(ヤーマン製)やsoieといったアイテムやシェーバー等々は邪魔な毛を剃るための品になりますから、一生永遠に脱毛処理を継続しないといけません。どういった装備にも優れた点・悪い点は絶対に出てきますし、毛を抜くための機械にもあてはめることができます。初めからひとつひとつの素晴らしいとことを認識しておくことでマイナスの面はきっと補うことができますから、僅かでも自分の理想像に少しでも近い余分な毛を除く手法を見つけられるでしょう。

 

 

脱毛のやり方として理想的とされる仕方やアイテム

 

自宅で使うためのうぶ毛処理商品をチャレンジする人たちも年をへるごとに増えてるようです。求めやすい金額になった機器や、予想以上の作用を模索する様な風にかわったことがキッカケになって、需要がUPしてしまっていることのようで、タイプあるいは用法・グッズは膨大にあります。ワックス状の商品脱毛アイテムとは、柔らかい状態のワックスタイプの商品を直接肌にのせて、時間が経ってからかたくしてやさしくはがすスタイルにより気になった毛を脱毛する手段です。肌からうぶ毛まで施術しますので仕上がり感がきれいに思えるのです。とはいえ、赤みをともなう腫れとそして刺激といった肌悩みが発生する状況なども聞かれるようです。脱毛のに毛抜きを使う箇所としては、ワキの部分がわりと多いようです。上手に抜けるようになってくれば刺激痛に関してはいうほどには感じないのではと思われる肌の部分ではあるらしいのです。ところが、皮膚の中で伸びる毛毛になったりまた素肌に色のシミがみられるといった悪いデメリットが心配されるため、なるべくならばやってほしくないやり方です。脱毛したい部分の毛をスムーズに毛根から抜くことが可能なからと、大勢の消費者がピンセットを器用に使ってうぶ毛を抜いてしまっているとかということが一般の光景だそうです。しかし、掴んで引っ張るタイプの脱毛では処理後の肌によくない影響が生じがちで、デメリットのこともきちんと勉強するのが重要です。